かんすいが人気~!

きっと性格の不一致で仲良く出来ないだよね。量がありたくさん使えます。1本で約900人分のラーメンが打てるようです。

コチラです♪

2017年01月16日 ランキング上位商品↑

かんすいかん水(かんすい) 1.8L  ※10本まで1個口で発送可能

詳しくはこちら
 b y 楽 天

足踏みもあまり多くすると生地がひび割れするので!気をつけましょう。くすんだような黄色できれいな色ではないですが。何回か作っていればコツがつかめるでしょう。他店と比べてこれ1本で送料分以上ですよ。引っ張って伸ばしたい人は多いほうが正解だと思います。が、おいしいです。自家製ラーメンを作りたくて購入しました。市販の生麺は多分リポDとかと同じ着色料だと思います。引っ張って伸ばしたい人は餃子の皮とかよりも更に水分が多い方が良いかと思います。麺の色が黄色くならなかったです。早速使用しましたが、強力粉1キロ、卵3個塩20グラム水400cc,かん水20ccで作りましたが、かん水を入れたせいかこしがすごくてこねるのがとても大変でした、次はもっと上手にやりたいです。出来上がった麺は、とても美味しかったです。卵は麺が膨らむのと!麺の熟成期間を考えると心配なので使用しません。うどんと比べると!かん水の影響で生地が硬くなりますが!ソフトにこねるのがコツです。ラーメンのレシピは水分が多いものと少ないものがあります。水はクチナシを包丁で切ると砕けちゃいますが!約半分を一晩浸した水を冬だと!人肌に温めて使います。思ったよりも早く到着良かったです。ウンウン。試行錯誤の結果、粉500gの時、かん水12g塩5g水225gで行ってます。商品はとても安くて良かったと思います。透明な液体ですが!捏ねると麺はちゃんと黄色っぽくなります。なくなったらまた購入したいです。現在使用してるのが10.8の0.44なので熟成2日目なると少し黒ずんできますが茹でると気になりません。こちらお安いですね。。冷たいと麺が切れ易いです。無理して低加水で打っても、茹で上がりはあまり変わらないみたいです。強力粉と薄力粉の配合は、グルテンの質や、吸水率の差が大きいので難しいです。まだ十分有るので知人にも分けてやりたいです。ラーメン専用粉は準強力特等粉と呼ばれる、蛋白質11%前後で灰分の低い物ですが、強力粉とうどん用粉混ぜて代用してます。国産の市販品でも、春よ恋とうどん用のホクシンや北ほなみのブレンド品があるように相性は良いみたいです。